葛の花サプリ比較ランキング@ダイエットに効くのは?

葛の花の肝臓への効果とは?

葛の花に様々な効果があることはご存知ですか?葛は昔から薬効のある植物として知られています。
もっとも有名なのは葛の根の部分です。漢方薬である葛根湯(かっこんとう)として、古くから利用されています。
しかし、最近は葛の根の部分だけでなく、花の部分にも様々な効果があるとして注目されています。
そこで、葛の花が肝臓に与える影響や効果について紹介していきたいと思います。

 

葛の花の肝臓への効果(その1)

 

実は葛の花の肝臓への効果は昔から知られていました。
葛の花は漢方の世界では葛花(かっか)とよばれ、酒毒に効く、つまり二日酔いを抑えるといった効果で飲まれていたようです。
古くは漢方が盛んな中国や台湾などで使用されており、日本でも江戸時代などから使用されていたようです。
最近の研究でも、アルコールが分解されてできる、毒素(二日酔いの原因となる物質)が、葛の花エキスを摂取することで、減少するということがわかってきました。
このように、今も昔も、葛の花はアルコールの分解を助ける成分を含むとされているようです。

 

葛の花の肝臓への効果(その2)

 

肝臓への効果はアルコールの分解だけではないことがわかってきています。
ある研究で、アルコール以外の影響で、肝臓に脂肪がたまっていくのを、葛の花エキスの摂取により減少させる可能性があることがわかってきたのです。
はっきりとしたメカニズム解明が急がれますが、葛の花は肝臓に対して、様々な効果をもたらしてくれるようです。