葛の花のサポニン

葛の花のサポニン

葛の花には葛の花由来イソフラボンと呼ばれる成分が含まれています。
この成分は、体脂肪を減少させる効果があるとして、近年注目されています。しかし、葛の花には葛の花由来イソフラボンの他に、サポニンと呼ばれる、あまり聞きなれない成分が含まれるとされています。
そこで、葛の花に含まれるサポニンとはどのような成分なのか紹介したいと思います。

 

サポニンとは?

 

サポニンを含む代表的なものとして、大豆や高麗人参が有名で、苦みや渋みの成分として知られています。
サポニンには泡立つ作用があるとされ、昔から石鹸のように使用されてきたそうです。また、漢方などでも昔から使用されており、体への効能も期待されます。
イソフラボンと同じように、含まれる植物によりサポニンの種類も異なります。そのため、由来する植物によってサポニンの効果は様々なようです。

 

葛の花由来のサポニンの効果は?

 

葛の花に含まれるサポニンの効果として、脂質を蓄えにくくしたり、脂質の代謝を促す効果が期待されます。また、血中のコレステロールを低下する効果もあるようです。
したがって、葛の花は葛の花由来イソフラボンの体脂肪を減少させる効果と、サポニンの脂肪蓄積を抑える効果という二重の効果で、ダイエット効果が期待できるとされているのです。
最近は葛の花エキスを濃縮したサプリメントも多く発売していますので、効果的にこれらの成分を摂取することができます。
興味のある方は是非お試しください!